FC2ブログ

名古屋発 レトロを訪ねて2 ~Retropolitan Journey~

デジカメを持って、レトロな町から日常の小さなレトロまでを訪ねます。

愛知県一宮市音羽・栄  駅に近付く

名鉄、JRの線路に近付いてきたようで、遠くに電車の音が聞こえてきました。
この辺りから南へ進めば駅前に出られるだろうと、テキトーに歩きます。
倉庫のような建物をのぞくと、カワイイ椅子がずらっと並んでいました。こちらはボーイスカウトの集合場所のようです。
ichinomiya3026.jpg



ちょっとそそられる喫茶の看板。まさか舞妓さんが?…と店を探してみましたが見当たらず…。
ichinomiya3027.jpg



この付近は住宅や小さな町工場が多いですね。でも駅に近いという立地条件もあって、新しいマンションも増えつつあるようです。
ichinomiya3028.jpg



交通量の多い通りに沿ってノコギリ刃のように玄関が並んでいます。モルタルの建物が多いです。
ichinomiya3030.jpg



通りを渡ったところにあった銭湯「長良浴場」さん。そそられる外観ですが、まだ営業前でした。
ichinomiya3031-1.jpg



新しいマンションと対照的な古い飲み屋さん。覗いてみると…
ichinomiya3032.jpg



3軒ほどの飲み屋さんが集まった小さな横丁がありました。営業しているかどうかはわかりませんでした。
ichinomiya3033.jpg



次回は駅の南側へと歩きます。
ichinomiya3029.jpg

PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2006/11/12

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/05/17(木) 22:40:00|
  2. 愛知県一宮市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知県一宮市大宮町 煙突と文化住宅

もう少し北へと歩いてもよかったのですが、しっかりした地図を持っていなかったので道に迷うような気がしたので、西向きに歩くことにします。線路に突き当たるまで歩けば、駅に戻れるだろうという計算です。
ichinomiya3019.jpg



「お、煙突」もしかして銭湯かと思って近付いてみると、小さな町工場の焼却炉でした。
ichinomiya3020.jpg



テキトーに歩いていたら、大宮の商店街へと行き当たりました。それほど古い建物はありませんが、いい雰囲気の町並みです。
ichinomiya3021.jpg



商店街の中にある銭湯「杉戸浴場」さん。テントがカワイイ。
ichinomiya3022.jpg



商店街を抜けてまたテキトーに歩いていたら、発見したアパートなんですが…
ichinomiya3023.jpg



壁面に「文化住宅」の表示が。オーナーさんが関西の方なのでしょうか。
ichinomiya3024.jpg



次回は、一宮駅近くの町並みへ。
ichinomiya3025.jpg

PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2006/11/12

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/05/15(火) 22:45:00|
  2. 愛知県一宮市
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

愛知県一宮市松降 モダンな丸窓、再び

真清田神社の脇に沿って、歩きます。
今回の一宮再訪の目的のひとつは、神社東側にある丸窓のモダンな建物を見ることでした。前回は正月の訪問だったため、初詣でのクルマがびゅんびゅんかすめていくそのスキを待っての撮影で、ゆっくり自分の眼で見ることができなかったので…。
前回訪問時の記事はこちらをご覧下さい。
ichinomiya3012.jpg



おそらく昭和30年代築のこの建物、「古いからもしかして壊されてしまったのでは…」という心配は杞憂でした。前回訪問時そのままの姿を見せてくれました。
ichinomiya3013.jpg



南面の丸窓。一部は経年変化で白く変色していました。どうやらガラスではなくアクリルがはめ込まれているようです。
ichinomiya3014.jpg



東面はブロックとタイルの組み合わせで、こちらも面白い表情を見せてくれます。しかし当時としてはとてもモダンな建物だったことでしょう。
ichinomiya3015.jpg



同じ敷地の東側には、同時期に建てられたと思われるアパートがあります。こちらもいい按配の枯れ具合です。
ichinomiya3016.jpg



しかしこの建物は、どういう用途に使われていたのでしょう。いくつかの店が入っていたようですが、現在はブロック塀側の一番端に飲食店の看板が掛かるのみです。
ichinomiya3017.jpg



近所にぽつんと1軒だけあるスナック。こちらはちょっと褪せた赤いテントが素敵でした。
ichinomiya3018.jpg

次回は西に歩いた大宮の町。
PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2006/11/07

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/05/14(月) 02:45:00|
  2. 愛知県一宮市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛知県一宮市本町 再び、真清田神社へ

前回続きの町並み。
飲み屋さんが多い地域ですが、まだ昼間のため、ほとんど人の気配がありません。ファッショナブルというより、昔からの居酒屋といった風情の店がほとんどでした。
ichinomiya3004.jpg



平日というのに、シャッターが閉ざされたままの会社。倉庫にでも使っているのでしょうか。
ichinomiya3005.jpg



昼ごはんがまだだったので、目に付いたラーメン店に入りました。
決して不味くはなかったのですが、麺の食感が私の好みには合わなかったかな…
ichinomiya3006.jpg



真清田神社前までやってきました。向かいにあるタクシー会社のネオン管看板。ネオン管って情緒があるので、見直されてもいいと思うのですが…やっぱり電気代とか保守にお金が掛かるのでしょうか。
ichinomiya3007.jpg



震える書体で大書された「ウバ車」店も健在。
ichinomiya3008.jpg



正月はほとんどが閉まっていた神社周りの繊維問屋の多くは開いていました。
こちらは「どうぞお這入りください」のプレートがあった建物。
ichinomiya3009.jpg



多くの店は1台分のガレージの敷地に、このように布地がところ狭しと積まれています。でも店の方は何がどこにあるか分かっているのでしょうね。
ichinomiya3010.jpg



次回は真清田神社東へと。
ichinomiya3011.jpg

PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2006/11/07

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/05/12(土) 23:13:30|
  2. 愛知県一宮市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛知県一宮市本町  再び、一宮へ

昼からぽっかり時間が空いた秋の1日。天気もいいし、じっとしているのももったいない…で、急いで身支度を整え、電車に飛び乗って一宮の町にやってきました。
一宮は今までに西部の奥町界隈や「花岡園」界隈を歩きましたが、正月で慌しかった上、天候もよくなかったこともあって、もう一度訪れてみたいと思っていました。今回は準備を全くしないで出かけたので、駅から近い場所を廻ってみようと思います。

まずは、駅前の繊維問屋が集まっている一角へとやってきました。
ichinomiya2996.jpg



一宮は「繊維の街」として高名。一時の隆盛は見られませんが、駅からアーケードのある本町通り商店街との間は昭和30~40年代に建てられた繊維問屋が多く残っています。
ichinomiya2997.jpg



この頃の建築、年月を経て味が出てきたと思います。
ichinomiya2998.jpg



問屋街から北へ行くと、飲み屋さんや会社跡が多く残るエリア。
ichinomiya2999.jpg



こちらもおそらく以前は何かの会社だったと思われます。隣の家のように新しい家もぽつん、ぽつんと建ってぃますが、多くは「昭和」な建築。街灯のスタイルも「昭和」しています。
ichinomiya3000.jpg



こちらは商店跡でしょう。それも飲食店。
ichinomiya3001.jpg



この写真店もカッコイイ。モルタル、タイル、そして丸窓。
ichinomiya3002.jpg



次回は、以前も歩いた真清田神社方面へ。
ichinomiya3003.jpg

PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2006/11/07

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/05/10(木) 23:00:00|
  2. 愛知県一宮市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知県一宮市泉  再び一宮へ、そして銭湯へ

この日は正月以来、久々に一宮を歩きました。シメの銭湯は旧遊郭の中の「花岡浴場」さん。モルタルでカクカクした外観が特徴ですね。男湯はこの反対側から入ります。
hanaoka2238.jpg



のれんをくぐったところ。男湯女湯どちらから入っても、ここに出ます…。てっきり下駄箱がここにあって、もうひとつ戸を開けると番台があって…という造りかと想像していましたが、違いました。左手には映画のチケットでも売るかのような一室があります。現在は物置になっているようですが、これはどういう使い方をしていたのでしょうか。
後で聞こうと思っていて忘れてしまい、ナゾのまま。
hanaoka2240.jpg



番台を務めるのは、60代と思しき、おだやかそうなおかみさん。料金400円を払って、上がります。下駄箱は金属製のフタのもの。脇にはもうひとつ木製で鍵も掛かるものもありますが、使われていないよう。

脱衣所は古くもなく、新しくもなくという印象。写真のようにサウナ室(有料100円)が張り出していますが、圧迫感のない十分な広さがあります。面白いのは、机の周りに配された丸イスのひとつに「シルバー用」と書かれていること。他に長いベンチやベロアのマッサージチェアがあるので、それほど座るところが足りないとは思わないのですが…。

キレイな山型に積まれたビオレの桶を手に浴室へ。
浴槽は、センターに水風呂と白湯の独立したものと、奥の壁に沿って女湯との仕切側にジェットとバイブラの槽、隣にデンキ。温度は私にはちょっと熱いかな?でもしばらく入っていても大丈夫な湯加減。相客は4人ほどおられましたが、お互い顔見知りではないらしく、話をするでもなく。ひとりの方はひたすらなぜか足を洗っておられ、またもうひとりはひたすらスキンヘッドに剃刀を当て…静かな浴室内に水風呂の吸込口の「ズズズ…」という音だけが響きわたります。
そのなかで私だけが白湯→ジェット→デンキと移動。ジェットはパワーも程よく気持ちイイのですが、デンキは超キョーレツ。かなりの衝撃があります。お年寄りが入って大丈夫か?と心配になりました。

カランは女湯との仕切側に6、外側に8の配置。スキンヘッドの方がなかなかの強面なので、外側へ。六角形の鏡には、歓楽街らしくキャバレーなど「夜の店」の広告が入っています。そして、正月の一宮訪問時に載せた犬のいるとんちゃんの店のものも。お隣ですからね。

さて、もう一度お湯に浸かってから上がります。スキンヘッドの人はまだ剃り続けておられます。大変だなあ。私も頭髪がサビシクなってきたので、最後はスキンヘッドかなあ、と思っていましたが、くじけそうです。
hanaoka2239.jpg



再び脱衣所で、再放送のサスペンス・ドラマを見ながら湯冷ましです。今日も手持ちのお茶がいっぱいなので、ドリンクは買いませんでしたが、ドリンク・クーラーはビールやラムネ、ポカリなど品揃えは豊富でした。

外に出ると、もう暮れようかというところ。日が随分短くなりましたね。
花岡浴場」さん、いいお湯でした。
hanaoka2241.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2006/11/07

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2006/11/21(火) 22:33:57|
  2. 愛知県一宮市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

Nobu

カレンダー

Zorgにアップした写真を掲載しています

最近の記事

コメントありがとうございます

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

名古屋市中川区 (33)
名古屋市中村区 (31)
名古屋市港区 (24)
名古屋市中区 (30)
名古屋市瑞穂区 (11)
名古屋市熱田区 (13)
名古屋市北区 (22)
名古屋市西区 (20)
名古屋市千種区 (5)
名古屋市緑区 (2)
名古屋市昭和区 (13)
名古屋市名東区 (1)
名古屋市南区 (14)
名古屋市東区 (11)
愛知県一宮市 (33)
愛知県刈谷市 (1)
愛知県犬山市 (11)
愛知県清須市 (11)
愛知県津島市 (2)
愛知県江南市 (10)
愛知県瀬戸市 (10)
愛知県小牧市 (3)
愛知県豊橋市 (30)
愛知県西尾市 (8)
愛知県春日井市 (3)
愛知県半田市 (10)
愛知県田原市 (9)
愛知県海部郡蟹江町 (9)
愛知県常滑市 (22)
愛知県岡崎市 (7)
愛知県豊川市 (5)
愛知県蒲郡市 (26)
愛知県稲沢市 (9)
愛知県碧南市 (10)
愛知県豊田市 (1)
愛知県幡豆郡一色町 (10)
岐阜県岐阜市 (26)
岐阜県大垣市 (30)
岐阜県羽島郡笠松町 (16)
岐阜県多治見市 (13)
岐阜県美濃加茂市 (7)
岐阜県各務原市 (3)
三重県伊勢市 (13)
三重県鈴鹿市 (7)
三重県松阪市 (2)
三重県桑名市 (14)
三重県四日市市 (23)
三重県いなべ市 (6)
三重県亀山市 (1)
静岡県浜松市 (6)
静岡県熱海市 (17)
静岡県富士市 (11)
滋賀県大津市 (10)
神奈川県川崎市 (7)
奈良県大和郡山市 (14)
北海道札幌市 (1)
北海道小樽市 (6)
北海道余市郡余市町 (5)
その他 (19)
未分類 (2)
東京都 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

CssTagCloud

GR-DIGITAL  路地  写真  RICOH  銭湯  Ricoh  GW-1  V705  Kodak  名古屋  GR-D  GR  蒲郡  常滑  大垣  花街  熱海  愛知  豊橋  岐阜  一宮  名古屋市西区  富士  岳南  静岡  富田  大須  caplioGX  幡豆郡  四日市  一色町  遊郭跡  田原  滋賀  大津  大和郡山  犬山  商店街  碧南  半田  西濃鉄道  長等  三谷  温泉  大野  奈良県  川崎  置屋  阿下喜  奈良  福江  形原  赤坂  城東園  大和郡山市  衣浦  東岡町  gR-DIGITAL  GX  八幡園  三重県  団地  名古屋市  南町  小樽  北勢町  浜松  料理店  カフエー  玉の井  愛知県  尾頭橋  稲沢  余市  いなべ  木曽川町  円頓寺  旭日園  熱田  kodak  形原歓楽荘  遊廓  稲沢団地  那加  テラスハウス  ケロリン  江尾  桑名  遊郭  渥美  睦荘  三河線  四日市市  色街  ジャズ喫茶  鈴鹿  港区  アーケード  赤線跡  北海道  岡崎  運河  新明湯  御器所  昼飯  有楽町  花園  鶴舞  昭和区  廃線跡  飲み屋街  飲み屋  市電  奥町    原田  名駅  藤江  那古野  寿湯  松降  大黒湯  神宮小路  水上ビル  鈴鹿市  西浦  GR-DIGITAL  渥美線  青猫  ニッカ  各務原  大平湯  工場  小池  大野町  中村区  東田  リコー  ナディアパーク  北勢線  V705  705  美濃赤坂  コダック  昼飯線  比奈  レトロを求めて四日市市富田へ。多くの銭湯ほ見て、そ  宮前地下街と玉の湯跡  住吉温泉  瀬戸銀座  岡崎市の銭湯  中村映劇  瀬戸市末広のアーケード  くるわ湯  まねき湯  大門  大門横丁  大門小路  瀬戸の廃業間もない銭湯  岐阜県岐阜市加納水野町  黒川紀章  玉乃井湯  瀬戸市の赤線「陶華園」跡  妓楼  丸窓  豊川の芸妓置屋  豊川青春なつかし商店街  フルーツ牛乳  日本ライン  豊川の赤線跡  瀬戸の歓楽街「新開地」  住吉  祭り  銭湯の解体  初の湯  名古屋市美術館  豊川の赤線跡を探して  新開地から東へ歩く  赤線  瀬戸の古い町並み  メタボリズム  札幌  神明湯  caplio  伏見  北区  松阪  名鉄  カレー  御嶽温泉  グッドデザイン  三河一色駅  三重  名古屋市昭和区  名古屋市南区  オリオンサイダー  多治見市  レトロ  花岡浴場  パノラマカー  カフェー  サビサビ  「金津園」でレトロを探す  ミツカン  光輪湯  富士山  大阪万博  トタン  タイル絵  Zorg  名古屋市瑞穂区東栄  豊川の商店街  トイカメラ  「健康入浴日」の銭湯へ  カネニ  雁道  瑞穂区  清娯園  瀬戸  花岡  呼読  笠寺  煙突  町並み    ポーター  天然コケッコー  お盆  下之一色  名古屋市東区  有松  手力  ジャズ      名古屋市瑞穂区  もっきんぽっと  サッポロ街  玉ノ井  終着駅  奥の湯  名古屋市中区  ヴィッテル  豊田  線路  観月境  新地  泉等  GR  有楽  東海道  大曽根  路地裏  v705  稲永  小川町  神奈川  富士岡  ナローゲージ  吉原  デザインDO!  紺屋町  YURI  名古屋市中村区  昭和  大江  札木  やきもの散歩道  銭湯跡  富良野  北の国から  三井寺  中央  鈴木湯  常滑市大野町  神宮  神戸  屋根神さま  木造  幅下  天ヵ須賀  GR-Digital  小路  今池  名東区  夜城園  墨俣  松の湯  中川区  中川  名古屋港  中村  本吉原  名楽園  公団  ポイントハウス  港陽園  切戸  GW-1  札の辻  浜大津  屋台  亀山  桜湯  貨物線  日比野  熱田区  新道  

<!--アクセス解析タグ ここまで-->