名古屋発 レトロを訪ねて2 ~Retropolitan Journey~

デジカメを持って、レトロな町から日常の小さなレトロまでを訪ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛知県田原市石神町・田原町  木陰の未成線跡

バス通りはやがて国道259号線と合流します。
福江から2、3kmは歩いたでしょうか。石神という停留所からそろそろバスに乗ります。
バス停の近くにクルマが通るのもキツい狭さのガードを見つけました。
上側には、なんだか鉄道でも通っていたかのような佇まい。
…そういえば、渥美線には半島の先、伊良湖までの延長計画があったと聞いたことがあるような…
帰ってからネットや図書館で調べてみると、正にそうでした。
戦前、伊良湖には旧陸軍の施設があり、そこまで線路を敷く計画でしたが、
福江までの路盤を作ったところで資材不足等の理由で断念、放棄されたとのこと。
よくそんな昔のモノが残っているなあ…
何にせよ5月とはいえ、日差しがとても強く、その中を延々歩いてきた私には、
この「未成線」の木陰はひんやりして、とてもありがたいものでした。
tahara4278.jpg



ほどなくしてやってきたバスに乗って、田原の町へ。
予定はしていなかったのですが、まだ陽が高いので少し歩いてみることにします。
まあ、下調べのつもりで、テキトーに。
tahara4280.jpg




田原町史によると、大正末期から昭和初期の田原は人口1万5千に満たない町だったのですが、
芸妓が百数十人、芸妓置屋や旅館・料理屋はゆうに六十数軒を数える一大「紅灯街」が形成されていたそうです
(その軒数は、当時の田原町の総戸数2200余に対し、約3%に達する)。
tahara4279.jpg



駅の西あたりの菓子店。
大通りは道幅が広げられたような感じで、家や建物も新しいものが多いのですが、
一本路地に迷い込むとこうした風景が多く見られます。
tahara4281.jpg



こちらは駅前の旅館。
田原の地図は持っていないので、駅の位置を見失わないように歩きます。
tahara4282.jpg



駅前にあった商工案内図。
この街にも赤線があったようなのですが、果たしてどこにあったのか…
tahara4283.jpg



駅から少し北、料理店や居酒屋が点在するあたりにあるお宅。
和風ながら、ちょっとカフエー調にも見えるんですが…どうなんでしょう。
んー、帰ってからも調べているのですが、未だわかりません。
tahara4284.jpg



次回も、もう少し田原の街を歩きます。
tahara4285.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/05

[愛知県田原市石神町・田原町  木陰の未成線跡]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/17(木) 02:25:54|
  2. 愛知県田原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛知県田原市福江・折立  福江の街を後にして

商店街は、もう少し続きます。
こちらも屋号が外され、もう営業していない店。
コーナーで曲線を描くモルタルに、とても惹かれました。
tahara4270.jpg



同じお店を反対側から。ココはショーケースだったのでしょうか。
所々剥がれかかったパステルグリーンの縁取りが、何とも効いています。
tahara4271.jpg



商店街は免々田川に架かる橋のたもとでおしまいでした。
そろそろ引き返すことにしましょう。
tahara4272.jpg



バスに乗る前に、もう一度あのタイルの建物を見ることに。
庇の電灯に作られたツバメの巣には、カワイイ雛鳥が数羽いて、
親鳥が何度もエサを運んでいました。
その度に「ピーピー」と騒ぎ立てます。
tahara4273.jpg



バス通りにでる手前、和菓子舗の看板がかかる家の前で見かけた、
なんともオープンなトイレ。
さすがに現在は使っていないらしく、ゴミが入れられていました。
tahara4274.jpg



バス停に着いたものの、時刻表を見るとついさっきバスが行ったばかり…
次のバスまで1時間近くあるので、バスの通り沿いに歩いてみることにしました。
tahara4275.jpg



通り沿いには商店街はありませんが、人家がある程度固まっていたり、
その中に商店がぽつりぽつりあったりという感じです。
しかし、「ステンレス」「マンガ」とは、全く結びつかないような…
tahara4276.jpg



次回は、三河田原へと向かいます。
tahara4277.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/05

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/14(月) 23:10:12|
  2. 愛知県田原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛知県田原市福江 「跡」が目立つ商店街 

入江川に架かる小さな橋を渡って、商店街を先に進んでみましょう。
tahara4264.jpg



渥美町史の「昭和39年頃の原の島周辺」図によると、
この先には、パチンコ店、薬局、米店、家具店、床屋、時計店、ハンコ店、電気店…と
ありとあらゆる店舗が揃っていたようなのですが…
tahara4266.jpg



…現在、営業しているのはごくわずか。
シャッター街というより、フツーの家として使われ続ける「しもた屋」が軒を連ねる町並みとなっています。
tahara4267.jpg



こちらは建具か内装店だったのでしょうか。
屋号が書かれていたであろうテントは破れまくっています。そして、ガーデニング。
tahara4268.jpg



この商店街の中でひときわ存在感を醸し出していた朝日の看板建築の家。
こちらは何の店だったのでしょう…
tahara4269.jpg



次回も商店街をもう少し、そして…
tahara4265.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/05

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/12(土) 23:16:51|
  2. 愛知県田原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛知県田原市福江  離れてもう1軒?

餅屋食堂の路地の先には「角上楼」さんという旅館があります。
東海地方のタウン誌にも掲載されたこともある昭和初年創業の老舗旅館。
「遊廓」をイメージした部屋もあるそうで、気になりますね。
tahara4256.jpg



路地を抜けると、入江川沿いの道に突き当たります。
メインの商店街は、突き当たりの左右に延びています。
tahara4257.jpg



回転式の窓がある商店跡。
現在は倉庫のような使い方をされているようですね。
tahara4258.jpg



商店跡脇の細い路地を入っていくと、角上楼さんに通じています。
いきなり1枚目写真の横、勝手口のようなところに
にぽっと出る感じなので、「ここは入ってイイの?」とびっくりします。
tahara4259.jpg



回転窓の商店跡の先にある廃屋。
このお宅も軒下に電灯のソケットが残っています。
前回までの場所からは、ちょっと離れているんですが、これもそうなのかな…
tahara4260.jpg



この家は随分放置されているのか、裏に回ると天井が抜け崩れそうな様相を呈していました。
tahara4261.jpg



この通りを真っすぐ行くと、間もなく国道に出ます。
その間にも商店が数軒。
tahara4262.jpg



次回は商店街に戻ります。
tahara4263.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/05

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/10(木) 19:43:13|
  2. 愛知県田原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛知県田原市福江  かつての賑わいを感じながら

同じ家の側面です。
タイルの建物に板張りの2階建てがつながっています。
この坂道を登っていくと、バス通り。
旧役場(その後移転している)や法務局出張所も近く、
この付近が街の中心だったのが伺えます。
tahara4249.jpg



坂道を少し登ったところ。
もう商売をやめてしまわれた家が並んでいます。
渥美町史に図示された「昭和30~40年頃の町並み」では、
ブリキ屋さん、洋品店さん、カラカミ屋さん、写真屋さんが並んでいたあたり。
tahara4250.jpg



戻って、タイルの建物の向かい。
こちらも昔の雰囲気を残したままの佇まいです。
軒下の電灯もしっかりあって、
タイルの家同様、「遠くまで来てよかった」という気になりました。
tahara4251.jpg



路地を少し入ったところから。
手前の「餅屋」さんは現在も盛業中の食堂。
隣がタイルの家です。
正面の木戸が閉まっているお宅は、玩具屋さんだった家。
tahara4252.jpg



タイルの家の前から。
往時の賑わいを想像しながら1枚。
tahara4253.jpg



路地を反対に歩いたところには「井筒萬」さんという大きな料理旅館がありました。
こちらは同じく町史の「明治末期の町並み」に既に載っている老舗。
付近に立つ電柱を見上げると「井筒萬支線」と書かれており、
付近でも重要な建物だったように思われます。
tahara4254.jpg



次回も福江の街を歩きます。
tahara4255.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/05

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/08(火) 06:29:33|
  2. 愛知県田原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛知県田原市福江  半島の先の街へ

今回からは、渥美半島の田原を歩きます。
まず訪れたのは、福江の街。
平成の大合併により、豊橋から先、渥美半島は全て「田原市」となってしまいました。
この福江界隈は合併前は渥美町。地元民でないからか、まだ「田原市」と言われても違和感があります。
しかし、電車で来ると遠いですね。名古屋からJRで豊橋、豊橋からは渥美線で三河田原と電車を乗り継ぎ、さらにバス…熱海より遠く感じました。
tahara4236.jpg



福江は古くから海上交通の要衝で、渥美町の中心だった街。
町役場もこの福江にありました。
国道259号線から少し逸れたこの通りが商店が集中しているのですが…
tahara4237.jpg



この福江の商店街も、残念ながら例に漏れず廃れた印象。
シャッターがしまった店、荒れた建物が目立ちます。
2軒目もお医者さんだったようですが、入口の前にガーデニングのプランターが置かれ、
廃業されたようでした。
tahara4238.jpg



この街を訪れたのは、小さいながらもかつての赤線の跡があると聞いたから。
事前に図書館で読んだ「渥美町史」にも、
この先の福江橋付近に料理旅館や置屋があったとの記述があります。
tahara4239.jpg



しかし人の姿が見られませんね。
時々クルマが通り過ぎていくだけです…
tahara4240.jpg



福江橋付近、ハキモノ屋さんの跡。
奥に見えるガードレールの向こうは橋の架かる入江川です。
tahara4241.jpg



遊里の跡は福江橋から少し東へ戻ったところ。
「福江」の街は結構な広さなので、歩き回ることを覚悟していましたが、
思ったより簡単に見つけられました。
次回はその界隈を歩きます。
tahara4242.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/05

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/04(金) 22:14:44|
  2. 愛知県田原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Nobu

カレンダー

Zorgにアップした写真を掲載しています

最近の記事

コメントありがとうございます

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

名古屋市中川区 (33)
名古屋市中村区 (31)
名古屋市港区 (24)
名古屋市中区 (30)
名古屋市瑞穂区 (11)
名古屋市熱田区 (13)
名古屋市北区 (22)
名古屋市西区 (20)
名古屋市千種区 (5)
名古屋市緑区 (2)
名古屋市昭和区 (13)
名古屋市名東区 (1)
名古屋市南区 (14)
名古屋市東区 (11)
愛知県一宮市 (33)
愛知県刈谷市 (1)
愛知県犬山市 (11)
愛知県清須市 (11)
愛知県津島市 (2)
愛知県江南市 (10)
愛知県瀬戸市 (10)
愛知県小牧市 (3)
愛知県豊橋市 (30)
愛知県西尾市 (8)
愛知県春日井市 (3)
愛知県半田市 (10)
愛知県田原市 (9)
愛知県海部郡蟹江町 (9)
愛知県常滑市 (22)
愛知県岡崎市 (7)
愛知県豊川市 (5)
愛知県蒲郡市 (26)
愛知県稲沢市 (9)
愛知県碧南市 (10)
愛知県豊田市 (1)
愛知県幡豆郡一色町 (10)
岐阜県岐阜市 (26)
岐阜県大垣市 (30)
岐阜県羽島郡笠松町 (16)
岐阜県多治見市 (13)
岐阜県美濃加茂市 (7)
岐阜県各務原市 (3)
三重県伊勢市 (13)
三重県鈴鹿市 (7)
三重県松阪市 (2)
三重県桑名市 (14)
三重県四日市市 (23)
三重県いなべ市 (6)
三重県亀山市 (1)
静岡県浜松市 (6)
静岡県熱海市 (17)
静岡県富士市 (11)
滋賀県大津市 (10)
神奈川県川崎市 (7)
奈良県大和郡山市 (14)
北海道札幌市 (1)
北海道小樽市 (6)
北海道余市郡余市町 (5)
その他 (19)
未分類 (2)
東京都 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

CssTagCloud

GR-DIGITAL  路地  写真  RICOH  銭湯  Ricoh  GW-1  V705  Kodak  名古屋  GR-D  GR  蒲郡  常滑  大垣  花街  熱海  愛知  豊橋  岐阜  一宮  名古屋市西区  富士  岳南  静岡  富田  大須  caplioGX  幡豆郡  四日市  一色町  遊郭跡  田原  滋賀  大津  大和郡山  犬山  商店街  碧南  半田  西濃鉄道  長等  三谷  温泉  大野  奈良県  川崎  置屋  阿下喜  奈良  福江  形原  赤坂  城東園  大和郡山市  衣浦  東岡町  gR-DIGITAL  GX  八幡園  三重県  団地  名古屋市  南町  小樽  北勢町  浜松  料理店  カフエー  玉の井  愛知県  尾頭橋  稲沢  余市  いなべ  木曽川町  円頓寺  旭日園  熱田  kodak  形原歓楽荘  遊廓  稲沢団地  那加  テラスハウス  ケロリン  江尾  桑名  遊郭  渥美  睦荘  三河線  四日市市  色街  ジャズ喫茶  鈴鹿  港区  アーケード  赤線跡  北海道  岡崎  運河  新明湯  御器所  昼飯  有楽町  花園  鶴舞  昭和区  廃線跡  飲み屋街  飲み屋  市電  奥町    原田  名駅  藤江  那古野  寿湯  松降  大黒湯  神宮小路  水上ビル  鈴鹿市  西浦  GR-DIGITAL  渥美線  青猫  ニッカ  各務原  大平湯  工場  小池  大野町  中村区  東田  リコー  ナディアパーク  北勢線  V705  705  美濃赤坂  コダック  昼飯線  比奈  レトロを求めて四日市市富田へ。多くの銭湯ほ見て、そ  宮前地下街と玉の湯跡  住吉温泉  瀬戸銀座  岡崎市の銭湯  中村映劇  瀬戸市末広のアーケード  くるわ湯  まねき湯  大門  大門横丁  大門小路  瀬戸の廃業間もない銭湯  岐阜県岐阜市加納水野町  黒川紀章  玉乃井湯  瀬戸市の赤線「陶華園」跡  妓楼  丸窓  豊川の芸妓置屋  豊川青春なつかし商店街  フルーツ牛乳  日本ライン  豊川の赤線跡  瀬戸の歓楽街「新開地」  住吉  祭り  銭湯の解体  初の湯  名古屋市美術館  豊川の赤線跡を探して  新開地から東へ歩く  赤線  瀬戸の古い町並み  メタボリズム  札幌  神明湯  caplio  伏見  北区  松阪  名鉄  カレー  御嶽温泉  グッドデザイン  三河一色駅  三重  名古屋市昭和区  名古屋市南区  オリオンサイダー  多治見市  レトロ  花岡浴場  パノラマカー  カフェー  サビサビ  「金津園」でレトロを探す  ミツカン  光輪湯  富士山  大阪万博  トタン  タイル絵  Zorg  名古屋市瑞穂区東栄  豊川の商店街  トイカメラ  「健康入浴日」の銭湯へ  カネニ  雁道  瑞穂区  清娯園  瀬戸  花岡  呼読  笠寺  煙突  町並み    ポーター  天然コケッコー  お盆  下之一色  名古屋市東区  有松  手力  ジャズ      名古屋市瑞穂区  もっきんぽっと  サッポロ街  玉ノ井  終着駅  奥の湯  名古屋市中区  ヴィッテル  豊田  線路  観月境  新地  泉等  GR  有楽  東海道  大曽根  路地裏  v705  稲永  小川町  神奈川  富士岡  ナローゲージ  吉原  デザインDO!  紺屋町  YURI  名古屋市中村区  昭和  大江  札木  やきもの散歩道  銭湯跡  富良野  北の国から  三井寺  中央  鈴木湯  常滑市大野町  神宮  神戸  屋根神さま  木造  幅下  天ヵ須賀  GR-Digital  小路  今池  名東区  夜城園  墨俣  松の湯  中川区  中川  名古屋港  中村  本吉原  名楽園  公団  ポイントハウス  港陽園  切戸  GW-1  札の辻  浜大津  屋台  亀山  桜湯  貨物線  日比野  熱田区  新道  

<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。