名古屋発 レトロを訪ねて2 ~Retropolitan Journey~

デジカメを持って、レトロな町から日常の小さなレトロまでを訪ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

写真集第2弾、「シュウマツダンチ」

ブログを休止してから、はや1年以上の時間が過ぎてしまいました。

この度、ある方への御礼の気持ちを込めまして、写真集を作成しました。
今回のテーマは、このブログでも取り上げたことのある「公団稲沢団地」。
今から50年余り前の1958(昭和33)年に造られた全73棟から成るとても素敵な団地でした。
R0034010.jpg


全国でもココだけ、という特異な形状の「L型ポイントハウス」、いくつかのバリエーションがあった長屋構造の「テラスハウス」、そしてプレーンな中層棟…閉鎖までの約2年間、これらの建物に逢いに何度もこの団地に足を運んで撮影した写真から1冊を作ってみました。
R0034245.jpg

よろしければ、「こちら」からご覧ください。

撮影は、いつも通りリコーGR-DIGITAlとコダックEasyShare V705の2台にて。一部画像はTiltshift Generatorを使用して、加工してあります。
我ながら、ちょっと変わってきたなぁ…と感じるのは、以前ほど「超広角」をあまり使用しなくなったコトですね。
以前はGRに常時付けっ放しだったワイコンも、最近では滅多に使用せず、28mmでの撮影がほとんどです。
…まぁ、ヨメさんには「相変わらず、アンタの写真は暗いねぇ…」と言われましたが…そこは変わっていないようです。



スポンサーサイト

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2010/03/25(木) 22:54:37|
  2. 愛知県稲沢市

近況報告  Retropolitan Journeyその後

このブログを休止したのが2月末ですから、はや9ヶ月が過ぎようとしています。
その間、相変わらず仕事の方は忙しく、会社から帰ってはバタンキューな毎日。
ブログは無理でも、「Zorg」のように1枚ずつならアップしていけるのでは?
…と考えていたのですが、その気力もない状態。うーん、なかなかうまくいきません。
だけど、それでも休みの日は家にいるのが「もったいない!」と感じてしまい、
できる限りカメラを持っては街を歩き回っています。
朝辛くて起きれない日も多く、そんな日は近場しか行けませんが、
逆に様々な時間、天候、季節に何度も同じ街を歩くことにつながり、
今まで気付かなかった発見があったりして、これはこれでなかなか素敵だな、と感じています。

さて、そのような状況ではありますが、以前からブログ上でお付き合いさせていただいておりました
「N的画譚」のneonさんが、銀座の画廊で個展を開催されるということで、
それに合わせて東京に行って参りました。
その際、お祝いは何を持っていったら喜んでいただけるかな~?と考えた末、
「名古屋発 カフヱーを訪ねて~Retropolitan Journey その後~」と題し、
ブログに掲載した以後に撮影した画像をまとめ、写真集を作製してお持ちしました。
この写真集は、私の分とneonさんにお渡しした2冊だけ作ったのですが、
ブログ休止以後、ありがたくも、いろいろな方から「どうしてますか?」と
お声を掛けてもらうことが多いので、この度、近況報告に使わせていただくことに致しました
(neonさん、ありがとうございます)。

よろしければ、こちらからご覧ください。

【写真集「名古屋発 カフヱーを訪ねて Retropolitan Journey…その後」目次】
○名古屋 「名楽園」「城東園」「八幡園」「港陽園」「鳴海園」
○岐 阜 「金津園」「国際園※」「神岡・宮下※」「郡上八幡・積翠園」「多治見・西ヶ原」「揖斐川町」
○愛 知 「一宮・松栄新町」「一宮・花岡園」「岡崎・松本花街」「岡崎・千鳥園」
     「小牧・曵馬園※」「刈谷・亀豊園」「瀬戸・陶華園」「津島・新天地」
○三 重 「鳥羽待合組合」
○静 岡 「清水(旭・元屋敷)」
○福 井 「武生・尾花新地」
○石 川 「金沢・石坂」
注)※を付けた街の写真の一部は、「Tiltshift Generator」を使用して、明るさ等を調整しております。 
R0044354_convert_20100303222348.jpg


これからもカメラを片手に、いろいろな街を歩いていこうと思います。
それでは、またの機会に。


テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2009/11/28(土) 00:11:18|
  2. 東京都

愛知県常滑市奥条・山方  観光客は見えず

前回の、赤、黄、青に塗り分けられたシャッターの店の路地は、すぐに道が枝分かれしていました。
右に折れると、商店街の通りと並行してずっと延びる裏通り。
こちらも商店がぽつりぽつり残っていたりします。
tokoname4430.jpg



この通り沿いには、外国の方などが造ったアート作品がところどころに展示され、
楽しませてくれます。
観光の一環として置かれているようなのですが、その効果たるや如何に?
「やきもの散歩道」であれだけいた観光客は、ここではひとりも見かけませんでした。
tokoname4431.jpg



道はやがて商店街からの通りと合流します。
その手前の洋館の塀は、ごらんのような色とりどりのタイル張り。
表札を見ると、「伊奈」さん。
この常滑に本社があるINAXの前身、伊奈製陶と同じ名字ですね。
創業者と何らかの関係があるのでしょう。
この先の交差点を折れると、世界のタイル博物館などの施設からなる
INAXライブミュージアムがあります。
tokoname4432.jpg



INAXの向かいにある陶器関連の工場の裏手に回り込むと、
小さな山を背にした住宅地になっていました。
これはその中にあった石炭などの燃料を扱う会社の倉庫。
「太平洋炭」のプレートもカッコイイですが、幾年月を重ねた扉にも目を奪われました。
tokoname4433.jpg



同じ会社の収納庫。
こちらは扉のフォントと風化具合が素敵なコンクリート壁が気に入って1枚。
tokoname4434.jpg



INAX向かいの工場は表から見るとごくフツーなんですが、
裏側はこのように廃屋?のような佇まい。
敷地内にたくさんの建物があるようなので、ココは使っていないのかも。
どこか木造校舎を思わせるノスタルジックさがありますね。
tokoname4435.jpg



次回は商店街を戻ります。
tokoname4436.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/04

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/06/11(水) 00:50:30|
  2. 愛知県常滑市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛知県田原市福江  離れてもう1軒?

餅屋食堂の路地の先には「角上楼」さんという旅館があります。
東海地方のタウン誌にも掲載されたこともある昭和初年創業の老舗旅館。
「遊廓」をイメージした部屋もあるそうで、気になりますね。
tahara4256.jpg



路地を抜けると、入江川沿いの道に突き当たります。
メインの商店街は、突き当たりの左右に延びています。
tahara4257.jpg



回転式の窓がある商店跡。
現在は倉庫のような使い方をされているようですね。
tahara4258.jpg



商店跡脇の細い路地を入っていくと、角上楼さんに通じています。
いきなり1枚目写真の横、勝手口のようなところに
にぽっと出る感じなので、「ここは入ってイイの?」とびっくりします。
tahara4259.jpg



回転窓の商店跡の先にある廃屋。
このお宅も軒下に電灯のソケットが残っています。
前回までの場所からは、ちょっと離れているんですが、これもそうなのかな…
tahara4260.jpg



この家は随分放置されているのか、裏に回ると天井が抜け崩れそうな様相を呈していました。
tahara4261.jpg



この通りを真っすぐ行くと、間もなく国道に出ます。
その間にも商店が数軒。
tahara4262.jpg



次回は商店街に戻ります。
tahara4263.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/05

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/10(木) 19:43:13|
  2. 愛知県田原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛知県田原市福江  かつての賑わいを感じながら

同じ家の側面です。
タイルの建物に板張りの2階建てがつながっています。
この坂道を登っていくと、バス通り。
旧役場(その後移転している)や法務局出張所も近く、
この付近が街の中心だったのが伺えます。
tahara4249.jpg



坂道を少し登ったところ。
もう商売をやめてしまわれた家が並んでいます。
渥美町史に図示された「昭和30~40年頃の町並み」では、
ブリキ屋さん、洋品店さん、カラカミ屋さん、写真屋さんが並んでいたあたり。
tahara4250.jpg



戻って、タイルの建物の向かい。
こちらも昔の雰囲気を残したままの佇まいです。
軒下の電灯もしっかりあって、
タイルの家同様、「遠くまで来てよかった」という気になりました。
tahara4251.jpg



路地を少し入ったところから。
手前の「餅屋」さんは現在も盛業中の食堂。
隣がタイルの家です。
正面の木戸が閉まっているお宅は、玩具屋さんだった家。
tahara4252.jpg



タイルの家の前から。
往時の賑わいを想像しながら1枚。
tahara4253.jpg



路地を反対に歩いたところには「井筒萬」さんという大きな料理旅館がありました。
こちらは同じく町史の「明治末期の町並み」に既に載っている老舗。
付近に立つ電柱を見上げると「井筒萬支線」と書かれており、
付近でも重要な建物だったように思われます。
tahara4254.jpg



次回も福江の街を歩きます。
tahara4255.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2007/05

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/04/08(火) 06:29:33|
  2. 愛知県田原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛知県犬山市南古券  2007年初銭湯、「ライン温泉」さん

2007年初銭湯は犬山市の「ライン温泉」さんに行ってきました。
「ライン温泉」とは、とても美しいネーミング。東海地方の方はご存知でしょうが、犬山市を流れる木曽川はその風光明媚さからヨーロッパのライン川になぞらえて「日本ライン」と形容されています。こちらの屋号も、それに由来しています。
1959(昭和34)年時点で犬山市内では8軒の銭湯が営業していましたが(銭湯の最盛期は昭和40年頃と云われるので、それ以外にもあったと思われます。実際この日も1959年のリストにない銭湯跡を見かけました)、現在はこの1軒のみとなってしまいました。

昔からの商店街から細い路地を入った住宅地の中にこちらの銭湯はあります。
写真は、のれんが掛かる前。左の軽トラが止まっている奥からは電動ノコで木材を切る「ぎゅわーん」という音が聞こえてきます。ここも燃料は薪のようです。
rain-onsen2435.jpg



上写真、赤い瓦の部分は土間になっていて、ここで靴を脱いで上がります。下駄箱は結構古いものですが、カギもしっかり掛かる現役。
犬山というと明治村やモンキーパーク、リトルワールドと名鉄関連のレジャー施設が多い正に「お膝元」ですが、近鉄の広告が掛かるのが面白いですねえ。そういえば、同じ看板を先日の「玉乃井湯」さんやここはまだ紹介していませんが常滑市の廃銭湯でも見かけました。
rain-onsen2437.jpg



「こんにちは」とあいさつすると、番台を勤めるおかみさんから、「あけましておめでとうございます」と丁寧なあいさつをいただきました。そうだ、と私も慌てて「あ、おめでとうございます」と返します。
料金は愛知県統制価格上限の「400円」と掲示がありますが、「おまけしとくよ~」と30円が戻ってきました。
脱衣所はなかなかレトロ。ロッカーはもちろん木枠で中央にガラスがはめこまれた型、番台はタイル張り。そしてモダンな明かり取りの窓にはやられました。おかみさんによると、表からこの脱衣所までの母屋は、(おかみさんの)おじいさんが大正年間に創業して以来のもので、改修をしながら使っているとのこと。昔は格天井で、もっと風情があったのだったそう。
rain-onsen2436.jpg



サッシで仕切られた流しの横には中庭が設けられており、浴室はちょっとした離れのような気分。浴室部分は母屋より新しく、昭和31年の築。おかみさんの旦那さんが技術者だったので、ご自身で設計されたそう。
板張りアーチ状の天井を持つ浴室も、またいい雰囲気。浴槽はいずれも女湯との仕切り側に配されており、手前から中庭に突き出した形で薬湯、センターに浅・深ふたつに仕切られた白湯、そして奥の壁際にデンキの4つ。いずれも豆タイルの貼られたやさしい曲線がたまりません。お湯の温度も熱過ぎず、気持ちいいです。

何より圧巻なのは、奥の壁の蛇行する大河を描いた大きなモザイクタイル。それも細かく色の濃淡までしっかり表現された「写実的」で芸術性の高いもの。中央にはヨーロッパの古城が描かれています。後でおかみさんに伺ったところ、改修の際にドイツのライン川の風景を画家の先生に描いてもらい、それを拡大したそう。道理で細かいところまで表現されているんですね。湯気の中で見ると、霧が掛かったようで幻想的に見えてきます。因みに改装以前は、「日本ライン」の風景だったそうです。

カランは外側の壁に6つと奥の壁に2つの配置。ここも「うろ古寿司」の広告が入るオリジナルの桶。身体を洗っていると、若いおとうさんと小学校に上がったくらいの息子さんが入ってきて、湯に浸かりながら「おとうさんが子どもの頃はね…」と話したり、女湯にいる妹(奥さんと一緒らしい)と「おーい」「なにー?」「呼んだだけー」とやり取りしたり。なんとも微笑ましい光景でした。

上がりは、森永のフルーツ牛乳。110円と書かれていますが、「100円でいいよ」と、またまたおまけしていただきました。恐縮です。
それから「どこからいらしたの?」「あ、名古屋です」「それは遠いとこから、ありがとうね」と始まり、いろいろとお話しを聴かせていただきました。
「犬山で最後の銭湯ですね」と伺うと、「昔はたくさんあったけどねえ。ウチも主人を18年前に亡くして、その時にやめようと思ったんだけどね。お客さんの中には私が女学生の頃から通って下さる方もおるからね…私も85だから、いつまでできるかわからんけども」…おかみさん、背筋はしゃんとされているし、受け答えもしっかりされていて絶対70代前半かと思っていたので、びっくり。おじいさんや旦那さんとの思い出を大事にされているのが伝わってくる、とても素敵な方でした。
rain-onsen2438.jpg

「ありがとうございました」と帰り際にあいさつすると、おかみさんからは「またご縁があったら来てね。ありがとう」とやさしいお言葉。
そして↑の写真を撮ろうと準備していると、ちょうど出てこられた年配のご婦人に「写真撮るの?暗いけどちゃんと写るかね」と声を掛けられました。「はい、三脚があるんで…しかし、いいお風呂ですね。おかみさんも素敵な方ですし」と答えると、「そうなんだわ。また寄ったってね」「はい、必ず」
…「ライン温泉」さん、いいお湯でした。
PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2007/01/03

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/01/09(火) 21:00:00|
  2. 愛知県犬山市
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

Nobu

カレンダー

Zorgにアップした写真を掲載しています

最近の記事

コメントありがとうございます

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

名古屋市中川区 (33)
名古屋市中村区 (31)
名古屋市港区 (24)
名古屋市中区 (30)
名古屋市瑞穂区 (11)
名古屋市熱田区 (13)
名古屋市北区 (22)
名古屋市西区 (20)
名古屋市千種区 (5)
名古屋市緑区 (2)
名古屋市昭和区 (13)
名古屋市名東区 (1)
名古屋市南区 (14)
名古屋市東区 (11)
愛知県一宮市 (33)
愛知県刈谷市 (1)
愛知県犬山市 (11)
愛知県清須市 (11)
愛知県津島市 (2)
愛知県江南市 (10)
愛知県瀬戸市 (10)
愛知県小牧市 (3)
愛知県豊橋市 (30)
愛知県西尾市 (8)
愛知県春日井市 (3)
愛知県半田市 (10)
愛知県田原市 (9)
愛知県海部郡蟹江町 (9)
愛知県常滑市 (22)
愛知県岡崎市 (7)
愛知県豊川市 (5)
愛知県蒲郡市 (26)
愛知県稲沢市 (9)
愛知県碧南市 (10)
愛知県豊田市 (1)
愛知県幡豆郡一色町 (10)
岐阜県岐阜市 (26)
岐阜県大垣市 (30)
岐阜県羽島郡笠松町 (16)
岐阜県多治見市 (13)
岐阜県美濃加茂市 (7)
岐阜県各務原市 (3)
三重県伊勢市 (13)
三重県鈴鹿市 (7)
三重県松阪市 (2)
三重県桑名市 (14)
三重県四日市市 (23)
三重県いなべ市 (6)
三重県亀山市 (1)
静岡県浜松市 (6)
静岡県熱海市 (17)
静岡県富士市 (11)
滋賀県大津市 (10)
神奈川県川崎市 (7)
奈良県大和郡山市 (14)
北海道札幌市 (1)
北海道小樽市 (6)
北海道余市郡余市町 (5)
その他 (19)
未分類 (2)
東京都 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

CssTagCloud

GR-DIGITAL  路地  写真  RICOH  銭湯  Ricoh  GW-1  V705  Kodak  名古屋  GR-D  GR  蒲郡  常滑  大垣  花街  熱海  愛知  豊橋  岐阜  一宮  名古屋市西区  富士  岳南  静岡  富田  大須  caplioGX  幡豆郡  四日市  一色町  遊郭跡  田原  滋賀  大津  大和郡山  犬山  商店街  碧南  半田  西濃鉄道  長等  三谷  温泉  大野  奈良県  川崎  置屋  阿下喜  奈良  福江  形原  赤坂  城東園  大和郡山市  衣浦  東岡町  gR-DIGITAL  GX  八幡園  三重県  団地  名古屋市  南町  小樽  北勢町  浜松  料理店  カフエー  玉の井  愛知県  尾頭橋  稲沢  余市  いなべ  木曽川町  円頓寺  旭日園  熱田  kodak  形原歓楽荘  遊廓  稲沢団地  那加  テラスハウス  ケロリン  江尾  桑名  遊郭  渥美  睦荘  三河線  四日市市  色街  ジャズ喫茶  鈴鹿  港区  アーケード  赤線跡  北海道  岡崎  運河  新明湯  御器所  昼飯  有楽町  花園  鶴舞  昭和区  廃線跡  飲み屋街  飲み屋  市電  奥町    原田  名駅  藤江  那古野  寿湯  松降  大黒湯  神宮小路  水上ビル  鈴鹿市  西浦  GR-DIGITAL  渥美線  青猫  ニッカ  各務原  大平湯  工場  小池  大野町  中村区  東田  リコー  ナディアパーク  北勢線  V705  705  美濃赤坂  コダック  昼飯線  比奈  レトロを求めて四日市市富田へ。多くの銭湯ほ見て、そ  宮前地下街と玉の湯跡  住吉温泉  瀬戸銀座  岡崎市の銭湯  中村映劇  瀬戸市末広のアーケード  くるわ湯  まねき湯  大門  大門横丁  大門小路  瀬戸の廃業間もない銭湯  岐阜県岐阜市加納水野町  黒川紀章  玉乃井湯  瀬戸市の赤線「陶華園」跡  妓楼  丸窓  豊川の芸妓置屋  豊川青春なつかし商店街  フルーツ牛乳  日本ライン  豊川の赤線跡  瀬戸の歓楽街「新開地」  住吉  祭り  銭湯の解体  初の湯  名古屋市美術館  豊川の赤線跡を探して  新開地から東へ歩く  赤線  瀬戸の古い町並み  メタボリズム  札幌  神明湯  caplio  伏見  北区  松阪  名鉄  カレー  御嶽温泉  グッドデザイン  三河一色駅  三重  名古屋市昭和区  名古屋市南区  オリオンサイダー  多治見市  レトロ  花岡浴場  パノラマカー  カフェー  サビサビ  「金津園」でレトロを探す  ミツカン  光輪湯  富士山  大阪万博  トタン  タイル絵  Zorg  名古屋市瑞穂区東栄  豊川の商店街  トイカメラ  「健康入浴日」の銭湯へ  カネニ  雁道  瑞穂区  清娯園  瀬戸  花岡  呼読  笠寺  煙突  町並み    ポーター  天然コケッコー  お盆  下之一色  名古屋市東区  有松  手力  ジャズ      名古屋市瑞穂区  もっきんぽっと  サッポロ街  玉ノ井  終着駅  奥の湯  名古屋市中区  ヴィッテル  豊田  線路  観月境  新地  泉等  GR  有楽  東海道  大曽根  路地裏  v705  稲永  小川町  神奈川  富士岡  ナローゲージ  吉原  デザインDO!  紺屋町  YURI  名古屋市中村区  昭和  大江  札木  やきもの散歩道  銭湯跡  富良野  北の国から  三井寺  中央  鈴木湯  常滑市大野町  神宮  神戸  屋根神さま  木造  幅下  天ヵ須賀  GR-Digital  小路  今池  名東区  夜城園  墨俣  松の湯  中川区  中川  名古屋港  中村  本吉原  名楽園  公団  ポイントハウス  港陽園  切戸  GW-1  札の辻  浜大津  屋台  亀山  桜湯  貨物線  日比野  熱田区  新道  

<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。