名古屋発 レトロを訪ねて2 ~Retropolitan Journey~

デジカメを持って、レトロな町から日常の小さなレトロまでを訪ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛知県豊橋市東田仲の町 松を形取った窓

最終回も東田から。東側の通りを歩きます。
通りの中ほどにあるお宅。
端正な造りながら、2階の手すりがイナズマのような造作がなされており、
とてもオシャレで素敵な一軒です。
toyohashi4142_2.jpg



通りの南寄りのお宅。
松を形取ったのでしょうか、どことなくカワイイなと感じる塀。
色使いも絶妙です。
toyohashi4143.jpg



通りの北寄り、2階の手すりに「此の花」の屋号が残るお宅。
モルタル細工の玄関周りのやさしい曲線が素敵です。
toyohashi4144.jpg



「此の花」さん向かい、旅荘「新井吹」さん。
こちらはもう長いこと無人な様相です。
公園に面した北側の戸袋には、ガラスの中にしっかり屋号が読み取れました。
toyohashi4145.jpg



「新井吹」さんの裏口。
こちらも破風のがあって、「裏口」としては豪華な造りです。
写真奥へと進むと、クレープ屋さんのある廓の入口。
toyohashi4146.jpg



公園の北側、旅館「松月」さん。
軒下に電灯がぶら下がった、こちらも「らしい」一軒。
toyohashi4147.jpg



「松月」さん玄関脇。
屋号に由来するのか、松のカタチにくり抜かれた窓。
toyohashi4148.jpg



もうすぐ日が暮れます。
東田を後にして再び市電に乗り、豊橋駅方面へ。
今度の電車は、旧岐阜の美濃町線廃止の数年前に投入された新型車800形でした。
新しいだけあって、モーターの音もほとんど聞こえず、すべるような乗り心地でした。
もうちょっと「水上ビル」を見たくて、駅のふたつ手前の新川電停で降りて、
夕焼けの橙色の光が反射するビルにカメラを向けながら駅へと歩きました。
toyohashi4149.jpg



これで「新春散策」編はおしまいです。
思ったより長くなってしまいました。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
toyohashi4150.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 (1枚目のみKodak EasyShare V705)  2008/01
スポンサーサイト

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/08(土) 23:16:42|
  2. 愛知県豊橋市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛知県豊橋市東田仲の町 再びの東田廓

最後に札木の停留所から市電に乗って、前回も豊橋を訪れたとき歩いた東田へと向かいます。
乗った電車は3501号車。帰ってから調べると、旧東京都電だった車両。
「1978ローレル賞」のプレートが掲げられた古い電車で、
「ぐぅ~ん」というモーター音とともにのんびりと走っていきます。
この先単線になる「競輪場前」で下車。
電停から南にしばらく歩くと、東田の遊廓跡です。
toyohashi4135.jpg



三本あるうち、西側の通り。
「新宝光」さん、「金海」さんといった旅館が現在も看板を掲げています。
toyohashi4136.jpg



いかにも”旅館”という佇まいの「新宝光」さんに対し、
"家”という感じの「金海」さん。
toyohashi4137.jpg



向かいの家々。
当時の面影を留めている部分をそこかしこに見ることができます。
toyohashi4138.jpg



南西角には同じような当時の家が2軒並んでいたのですが、
1軒は取り壊されて、新しい家が建っていました。
toyohashi4139.jpg



この日の昼食は時間がなかったこともあって、小池のコンビニで買ったパンを食べただけ。
ちょいと小腹が空いたので、廓南側の入口向かいにあるクレープ屋さんで一休み。
そういえば、前回もここで食べたなあ…

…で、散策再開。
南の入口付近も古いアパートが取り壊されていたりして、景色に変化が見られます。
toyohashi4140.jpg



東側の通り。続きは次回で(最終回です)。
toyohashi4141.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2008/01

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/06(木) 20:49:11|
  2. 愛知県豊橋市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛知県豊橋市花園町・札木町  宿場町の路地

花園町の続き。
手持ちの地図では町の西端に「豊橋東映」という映画館が載っているのですが、
見つけることができず…その代わり、旅行会社の前でバーバパパに遭遇。
写真を撮ったら、手(短っ!)を振ってくれたので、私も振り返す…ハズカシ…
toyohashi4127.jpg



続いてちょっと北、かつての東海道吉田宿の中心、札木へと向かいます。
花園札木の間には、ぽつんぽつんと飲み屋さんやスナックなどが点在しています。
toyohashi4126.jpg



札木は宿場には付きものの遊廓がありました。
「花街」(朝日新聞社・加藤政洋著)によると、「愛知県下の主な遊廓、すなわち名古屋の<旭遊廓>と<熱田遊廓>、豊橋の上伝馬町・札木町の遊廓、そして岡崎の板屋町の遊廓は、いずれも明治末期から大正期にかけて移転しているが、貸座敷が移転したあとも元の場所にふみとどまった料理屋や芸妓置屋を中心に新たな花街が形成され…」とあります。
本陣のあった通りの一本北の路地は、その通り雰囲気が残っています。
toyohashi4129.jpg



田原街道から少し入っただけなのですが、人通りもほとんどなく、とても静かです。
toyohashi4130.jpg



路地の突き当たりにある「みなと」さんという料理店。
toyohashi4131.jpg



塀にくり抜かれているのは、コウモリでしょうか。
どんな縁があるのかわかりませんが、とても面白いですね。
toyohashi4132.jpg



さらに一本北は「姫新道」という名称が付いた通り。
こちらにも数軒の料理店が盛業中でした。
toyohashi4133.jpg



次回は、市電に乗って再びの東田へ。
toyohashi4134.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2008/01

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/03/02(日) 20:53:47|
  2. 愛知県豊橋市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛知県豊橋市花園町  アーケードに隣接する路地

今回は「花園タウン」に隣接する路地を歩きます。
北側入口に近い位置にある洋服店。年季を経たモルタルの壁がいい味を醸し出していました。
toyohashi4120.jpg



この路地で一番古く見える家。花屋さんのようです。
この路地の街灯には「花園問屋街」という名称が書かれているのですが、
商売がバラバラで何の「問屋街」なのか、よくわかりません…
toyohashi4121.jpg



花屋さんの少し南側のスナック前から、南側を臨む。
スナックはもう営業していないらしく、入口の前にはいろんなモノが積まれていました。
toyohashi4122.jpg



同じスナックの前から北側を臨む。
奥に見える角を右い折れると、ナショナルのマスコットがある自転車店。
toyohashi4123.jpg



花園タウン」のアーケードは、この路地にも通じています。
この化粧品店の横が、その入口。
toyohashi4124.jpg



「問屋街」路地南側の入口近く。
大きな看板には、何が書かれていたのでしょう。
toyohashi4125.jpg

次回は、花園に隣接する札木の町へ。
PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2008/01

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/02/29(金) 21:44:54|
  2. 愛知県豊橋市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知県豊橋市花園町・魚町  アーケードを抜けて

花園にあったという赤線の痕跡を探して、
前回のネオン管の残る呉服店の向かい、「花園タウン」という愛称のアーケードへ。

toyohashi4115.jpg




アーケードの隣はこの商店街の駐車場と、妙円寺というお寺。
商店街の店は個人の小さなお店ばかりです。
toyohashi4114.jpg



商店街の一番北側の店は懐かしいスタイルの菓子店。
toyohashi4116.jpg



アーケードを出たところの自転車店。
これはナショナルのキャラクターだったでしょうか。
片腕は失われていますが、きれいな状態ですね。
toyohashi4117.jpg



アーケード向かいの洋品店は、とてもクラシカル。
歩道の覆いを外した姿を見てみたいです。
toyohashi4118.jpg



次回は、アーケード隣の路地を歩きます。
toyohashi4119.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2008/01

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/02/28(木) 21:19:36|
  2. 愛知県豊橋市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知県豊橋市広小路・花園町・大手町  花園の街へ

年末に発刊された『赤線跡を歩く【完結編】』(自由国民社)の巻末に於いて、
「よるの女性街・全国案内板」という昭和30年当時の資料が再録されています。
豊橋については、「駅から一五分くらい離れているが繁華街の裏にある花園町が赤線で二二軒に七四名位」との記述があります。
水上ビルを中程間で戻り、田原街道を北へ少し歩けば、左側が花園町。
現在は繁華街となっているようですが、少し歩いてみました。
ここからはカメラを持ち替え、GR-DIGITALでの撮影です。

花園町と隣り合う広小路の商店跡。
「森永ハイクラウン」のパッケージがくっきりと残っています。
toyohashi4107.jpg



上写真の向かい。
飲食店でしょうか。こちらが表のような、裏口のような造りです。
toyohashi4108.jpg



スナックがたくさん入ったビルなどはあるのですが、
「赤線」的な家は見当たらない…
で、一本北の通りへ。
花園プラザ」というアーケード街に正対して建つ、古い呉服店。
隣家との間には、屋号のネオン管がひっそりと残っていました。
toyohashi4109.jpg



同じ通りのお宅。
ここは以前はスナックだったのでは?という感じ。
toyohashi4110.jpg



田原街道まで戻ると、向こうにモダンな建築物が見えたので、ちょっと寄り道。
近づいてみると、現在は製菓会社の倉庫に使われているようです。
しかしタイルの貼られた円柱状の柱が両端に立っていて、
その間はコンクリートで塞がれたように見えます。
昔はお店だったに違いありません。
toyohashi4113.jpg



次回も花園の街を歩きます。
toyohashi4112.jpg

PHOTO:Ricoh GR-DIGITAL+GW-1 2008/01

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2008/02/26(火) 00:06:01|
  2. 愛知県豊橋市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

Nobu

カレンダー

Zorgにアップした写真を掲載しています

最近の記事

コメントありがとうございます

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

名古屋市中川区 (33)
名古屋市中村区 (31)
名古屋市港区 (24)
名古屋市中区 (30)
名古屋市瑞穂区 (11)
名古屋市熱田区 (13)
名古屋市北区 (22)
名古屋市西区 (20)
名古屋市千種区 (5)
名古屋市緑区 (2)
名古屋市昭和区 (13)
名古屋市名東区 (1)
名古屋市南区 (14)
名古屋市東区 (11)
愛知県一宮市 (33)
愛知県刈谷市 (1)
愛知県犬山市 (11)
愛知県清須市 (11)
愛知県津島市 (2)
愛知県江南市 (10)
愛知県瀬戸市 (10)
愛知県小牧市 (3)
愛知県豊橋市 (30)
愛知県西尾市 (8)
愛知県春日井市 (3)
愛知県半田市 (10)
愛知県田原市 (9)
愛知県海部郡蟹江町 (9)
愛知県常滑市 (22)
愛知県岡崎市 (7)
愛知県豊川市 (5)
愛知県蒲郡市 (26)
愛知県稲沢市 (9)
愛知県碧南市 (10)
愛知県豊田市 (1)
愛知県幡豆郡一色町 (10)
岐阜県岐阜市 (26)
岐阜県大垣市 (30)
岐阜県羽島郡笠松町 (16)
岐阜県多治見市 (13)
岐阜県美濃加茂市 (7)
岐阜県各務原市 (3)
三重県伊勢市 (13)
三重県鈴鹿市 (7)
三重県松阪市 (2)
三重県桑名市 (14)
三重県四日市市 (23)
三重県いなべ市 (6)
三重県亀山市 (1)
静岡県浜松市 (6)
静岡県熱海市 (17)
静岡県富士市 (11)
滋賀県大津市 (10)
神奈川県川崎市 (7)
奈良県大和郡山市 (14)
北海道札幌市 (1)
北海道小樽市 (6)
北海道余市郡余市町 (5)
その他 (19)
未分類 (2)
東京都 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

CssTagCloud

GR-DIGITAL  路地  写真  RICOH  銭湯  Ricoh  GW-1  V705  Kodak  名古屋  GR-D  GR  蒲郡  常滑  大垣  花街  熱海  愛知  豊橋  岐阜  一宮  名古屋市西区  富士  岳南  静岡  富田  大須  caplioGX  幡豆郡  四日市  一色町  遊郭跡  田原  滋賀  大津  大和郡山  犬山  商店街  碧南  半田  西濃鉄道  長等  三谷  温泉  大野  奈良県  川崎  置屋  阿下喜  奈良  福江  形原  赤坂  城東園  大和郡山市  衣浦  東岡町  gR-DIGITAL  GX  八幡園  三重県  団地  名古屋市  南町  小樽  北勢町  浜松  料理店  カフエー  玉の井  愛知県  尾頭橋  稲沢  余市  いなべ  木曽川町  円頓寺  旭日園  熱田  kodak  形原歓楽荘  遊廓  稲沢団地  那加  テラスハウス  ケロリン  江尾  桑名  遊郭  渥美  睦荘  三河線  四日市市  色街  ジャズ喫茶  鈴鹿  港区  アーケード  赤線跡  北海道  岡崎  運河  新明湯  御器所  昼飯  有楽町  花園  鶴舞  昭和区  廃線跡  飲み屋街  飲み屋  市電  奥町    原田  名駅  藤江  那古野  寿湯  松降  大黒湯  神宮小路  水上ビル  鈴鹿市  西浦  GR-DIGITAL  渥美線  青猫  ニッカ  各務原  大平湯  工場  小池  大野町  中村区  東田  リコー  ナディアパーク  北勢線  V705  705  美濃赤坂  コダック  昼飯線  比奈  レトロを求めて四日市市富田へ。多くの銭湯ほ見て、そ  宮前地下街と玉の湯跡  住吉温泉  瀬戸銀座  岡崎市の銭湯  中村映劇  瀬戸市末広のアーケード  くるわ湯  まねき湯  大門  大門横丁  大門小路  瀬戸の廃業間もない銭湯  岐阜県岐阜市加納水野町  黒川紀章  玉乃井湯  瀬戸市の赤線「陶華園」跡  妓楼  丸窓  豊川の芸妓置屋  豊川青春なつかし商店街  フルーツ牛乳  日本ライン  豊川の赤線跡  瀬戸の歓楽街「新開地」  住吉  祭り  銭湯の解体  初の湯  名古屋市美術館  豊川の赤線跡を探して  新開地から東へ歩く  赤線  瀬戸の古い町並み  メタボリズム  札幌  神明湯  caplio  伏見  北区  松阪  名鉄  カレー  御嶽温泉  グッドデザイン  三河一色駅  三重  名古屋市昭和区  名古屋市南区  オリオンサイダー  多治見市  レトロ  花岡浴場  パノラマカー  カフェー  サビサビ  「金津園」でレトロを探す  ミツカン  光輪湯  富士山  大阪万博  トタン  タイル絵  Zorg  名古屋市瑞穂区東栄  豊川の商店街  トイカメラ  「健康入浴日」の銭湯へ  カネニ  雁道  瑞穂区  清娯園  瀬戸  花岡  呼読  笠寺  煙突  町並み    ポーター  天然コケッコー  お盆  下之一色  名古屋市東区  有松  手力  ジャズ      名古屋市瑞穂区  もっきんぽっと  サッポロ街  玉ノ井  終着駅  奥の湯  名古屋市中区  ヴィッテル  豊田  線路  観月境  新地  泉等  GR  有楽  東海道  大曽根  路地裏  v705  稲永  小川町  神奈川  富士岡  ナローゲージ  吉原  デザインDO!  紺屋町  YURI  名古屋市中村区  昭和  大江  札木  やきもの散歩道  銭湯跡  富良野  北の国から  三井寺  中央  鈴木湯  常滑市大野町  神宮  神戸  屋根神さま  木造  幅下  天ヵ須賀  GR-Digital  小路  今池  名東区  夜城園  墨俣  松の湯  中川区  中川  名古屋港  中村  本吉原  名楽園  公団  ポイントハウス  港陽園  切戸  GW-1  札の辻  浜大津  屋台  亀山  桜湯  貨物線  日比野  熱田区  新道  

<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。