名古屋発 レトロを訪ねて2 ~Retropolitan Journey~

デジカメを持って、レトロな町から日常の小さなレトロまでを訪ねます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三重県四日市市諏訪栄町・安島 商店街と映画館  

映画館のある近鉄四日市駅付近はいくつかの商店街のアーケードが縦横に張り巡らされています。月曜日の昼下がりということもあってか、人影はまばらでした。
yokkaiti2811.jpg



前回訪問時も掲載したアーケード同士をつなぐ小さな路地の喫茶店。中の話し声が聞こえるのでお客さんは入っているようでしたが、扉を開ける勇気はありませんでした。
yokkaiti2812.jpg



同じ路地。アーケードの下にはあまり古さを感じさせる店は見られないのですが、この路地は「昭和」が色濃く残っているようです。
yokkaiti2814.jpg



商店街の端、諏訪神社に隣接した古い食堂。前回は営業していましたが、今回はお休み。この近所の中古レコード屋さんをのぞいているうちに映画の時間が近づいてきました。
yokkaiti2813.jpg



映画館「中映シネマックス」さんは駅から北へすぐの位置でした。通りを1本隔てたところにはショッピングセンターの中に組み込まれたシネコンもあるのですが、頑張っています。
チケットを券売機で購入して、早速中へ。
入ってすぐの受付のお姉さんに「もぎって」もらう、昔ながらのスタイル。
当然席の指定もありません。お客さんは10人くらい。カップルが多いなあ…私の場合、ヨメさんに「一緒に観に行く?」と聞いたら、
「世界最速のインディアン?どんな映画?題からして、インディアンの人がオリンピックにでも出るの?」…って、どんな映画やねん。
yokkaiti2816.jpg



…誤解のないように一応説明すると、ニュージーランドの老人が、若い頃に出会ったオートバイ「インディアン」を長年掛けて改造し、遠くアメリカ、ボンヌヴィルで開催される最高速を競う大会に参加するまでの物語。流線型にフルカバードされた「インディアン」で記録に挑戦するシーンもカッコイイのですが、それまでに遭遇する数々の困難を解決するのに手を差し伸べてくれる多くの人々がいい…そういえばこの映画、悪いヤツはひとりも出てきません。なんだか観終わって心があったかくなる作品でした。
yokkaiti2815.jpg

5時過ぎに映画が終わって、近鉄で名古屋へとんぼ帰り。今度はクルマにヨメさんを乗せ、中川コロナへ。
「アンフェア」は9時からの上映で、終わったのは11時半。感想は…やっぱりテレビシリーズを観ていないので、人物の相関関係が解らず「この人誰?」状態。まあ、私、「救命病棟24時」以来、江口洋介さんは好きなので、退屈はしませんでした。
一方、ヨメさんは「釈然としないねえ」という感想。確かに、あの終わり方は…
PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2007/03/26
スポンサーサイト

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/04/03(火) 21:00:00|
  2. 三重県四日市市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三重県四日市市本町 「明るい商店街」

一旦外へ出て、ハローワークと向かい合う南側の入口から入ってみます。
そそり立つ看板建築。何か書かれているらしい部分はサビサビで、真ん中の「三和商店街」の文字のみが辛うじて読み取れます。
脇の喫茶「モガ」さんは改装されて、ちょっとオシャレになっていました。
yokkaiti2804.jpg



「明るい商店街」の文字とは裏腹に、アーケードの内部は薄暗い…
yokkaiti2805.jpg



直角に曲がるアーケード。右に行くと、前回のトタンが剥がれまくっている部分。この付近の店も営業している気配はありませんでした。
yokkaiti2806.jpg



西側の入口へ続く通路の上部。薄汚れた看板が時の経過を物語っているようです。
yokkaiti2807.jpg



同じく西側の入口。暗くて低い天井の通路をくぐるような感じです。「暴力追放」とは、また物騒な…
yokkaiti2808.jpg



壁の褪色具合が美しい西面外側の店鋪群。一部はランチ営業中でした。
yokkaiti2809.jpg



天井が崩落している部分を外から。何故一部だけキレイに壊れているのか、不思議でした。
yokkaiti2810.jpg


次回は、近鉄四日市駅付近の商店街再訪。
yokkaiti2801.jpg

PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2007/03/26

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/04/02(月) 21:00:00|
  2. 三重県四日市市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

三重県四日市市本町  アーケード、再訪

休日出勤から帰った日曜日の夜、ヨメさんとの会話。
ヨメ「明日代休で休みだけど、どこか行くの?」
私「いや、まだ決めとらんけど」
ヨメ「観たい映画があるんだけど、夜行かん?」
私「んー、何観たいの?」
ヨメ「アンフェア」
私「んー、でもオレ、テレビシリーズ観てなかったからなあ(注:ヨメさんはしっかり観ていました)。話がわからんと思うけど」
ヨメ「いいがね、ひとりで観に行くのもイヤだし」
…という訳で、中川コロナへレイトショウで観に行くことになりました。

さて、昼は予定ないなあ、どうするかなあと考えることしばし。そういえば「世界最速のインディアン」って映画観たかったんだけど、新聞の映画欄に全然載ってない…。ネットで調べてみると、この辺りで上映しているのは四日市の「中映シネマックス」だけ。四日市も久しく行っていないし、早速準備をして出かけることにしました。

JRに揺られて約30分で、四日市に到着。映画館は近鉄の駅の目の前ですが、あえてJRでやってきたのは、前回訪問時、目を見張った駅前の年代物のアーケードを観るためです。
駅から歩いて1分、目的の三和商店街に到着しました。
yokkaiti2798.jpg



西側の入口(上写真)から入り、薄暗い通路を抜けた先。相変わらず「昭和そのまま」なアーケードに息を飲みます。ビニールトタンの天井の崩壊が以前より進んでいるような…。西側半分は、ほとんど営業している店がない気配です。
yokkaiti2799.jpg



一方、東側半分は現役の店も多いようで、看板やのぼりも新しい感じ。一度夜の風景も撮ってみたいですねえ。
yokkaiti2800.jpg



ガタガタのコンクリートブロックに、洗濯機、そしてガーデニング。階上では布団を干している人もいて、生活がそこにあることを感じます。トタンを通して届く太陽の光は、とてもやわらかでした。
yokkaiti2802.jpg



アーケードの途中にはいくつかこういったアーチが架かっています。以前は何か装飾がされていたんでしょうね。
yokkaiti2803.jpg

次回もこのアーケードから。
PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2007/03/26

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/04/01(日) 20:00:00|
  2. 三重県四日市市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三重県四日市市富田一色 大黒湯さんも、盛業中

「鈴木湯」さんを出てから、ホントはお世話になる予定だった「大黒湯」さんに向かいました。
先程「鈴木湯」さんで、「赤字経営のため…」と印刷された富田の浴場組合の貼り紙を見てやっぱり心配になってしまいました。営業しているのを確認して、やっぱりほっとしました。
daikokuyu2743.jpg



これまで2回足を運んでいる「大黒湯」さん。なぜか心惹かれる銭湯です。次に富田に来たときはお世話になろうと思います。
daikokuyu2744.jpg



このところ寒い日が続きますね。電車の時間までうろうろしていたら、すっかり湯冷めしてしまいました。
20070315105943.jpg



JR富田駅は、三岐鉄道との貨物の受け渡しが行なわれるため、構内はとても広く、多くの貨車や機関車が休んでいました。
20070315105926.jpg

次回は、熱海のジャズ喫茶。
PHOTO:RICOH GR-DIGITAL 2007/03/13

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/03/17(土) 00:22:35|
  2. 三重県四日市市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三重県四日市市東富田町 「鈴木湯」さん、営業再開 

13日は松阪市を歩いたのですが、予報では晴れとなっていたのに雨に降られるし、風は強いし、寒いし、途中で寄った図書館では蔵書検索コンピュータで「在庫あり」となっている資料がなぜか見つからないしで、さんざんな1日でした。
このため、町歩きを早々に切り上げ、名古屋に戻る途中でどこか銭湯でゆっくりして帰ることに。
真っ先に浮かんだのは、富田の「大黒湯」さん。確か休日は2と7の付く日だったので、今日はやっているはず。富田駅で途中下車して早速足を向けました。
途中、そういえば、昨年夏に「しばらく休業」していた東富田の「鈴木湯」さんはどうなっただろう?と気になり、先に向かうことにしました。
古い木造建築群の中を記憶を頼りに進むこと約10分、モダンな外観の「鈴木湯」さんに到着…ん?のれんが掛かっている!!
suzukiyu2734.jpg



興奮を抑えながら近付くと、「13日から営業します」の貼り紙。え?今日からじゃないですか!!と再びびっくり。という訳で、予定を変更して今日はこちらでお世話になることにしました。
suzukiyu2735.jpg



引き戸をガラガラっと開けると、番台には50代と思しき白髪混じりでメガネのおかみさん。「今日からですか?」と伺うと、「そうだよ~」
しかし、「去年の夏頃お休みされていたので、いつ復活されるかと思ってたんですよ」と伺うと、なにか怪訝な表情。お話しを聞くと、あの後一度再開されたそうですが、今度は設備に不具合が生じて再び休業されていたとのこと。なるほど。
suzukiyu2736.jpg



料金は330円。壁を見ると「富田浴場組合」の名で今年1月より料金を改訂したとの貼り紙。「経費高騰、赤字経営のため止むなく…」の文字が目に入ります。大変な中、再開されたんだなあとしみじみ感じます。

脱衣所に上がります。下駄箱はつまみがカワイイ、化粧板のフタのもの。カギはありませんが、お客さんは近所のお馴染みさんばかりなのでしょう。
それに対して、ロッカーは透明のアクリルふたの割と新しいタイプ。カギもほとんどが機能しているようです。浴室との仕切りは写真のようにタイルの柱にガラスエリアを目一杯大きく取った設計。おそらく昭和30年代の建築と思われますが、なかなかモダンです。
suzukiyu2737.jpg



浴室はセンターからL字型に浴槽が配されます。手前から白湯、2連ジェット+バイブラ、女湯との仕切り側に折れてデンキの配置。また、デンキの隣にはガラスで仕切られた別室で設えたラドン湯もあります。お湯の温度は白湯がちょっと熱めの他は長く入っていられる適温でした。
suzukiyu2738.jpg



カランは女湯との仕切り側に7、外側と奥の壁際に3組ずつの計13。シャワーはひまわりタイプのものと、ひと昔前の一般家庭用のヘッドが直接取り付けられたようなタイプの2種。比較的新しいように思われます。壁には既製品と思われるタイル画がありますが、それほど見るべきものはありません。しかし浴室は全体にとても清潔で、気持ちいいなあ。「ケロリン」の桶も、銭湯気分を盛り上げてくれます。。
suzukiyu2739.jpg



ゆっくりお湯を楽しんでから再び脱衣所へ。かわいい水飲み場(蛇口のハンドルは外され、使われていない)、真鍮のノブの下駄箱脇のドア、壁一面の回転式の窓、そして鮮やかなグリーンのベンチ…何もかもモダンな室内にマッチしています。
唯一残念なのはドリンクの販売がないことでしょうか。
回転式の窓を全部開ければ夏でもかなり風通しが良くて涼しいのでは?と伺うと、「そうでもないんで、クーラーを使う」そう。
suzukiyu2740.jpg


常連のお客さんの多くがおかみさんに帰るとき二言三言声を掛けていかれるのが印象的でした。大変ではあると思いますが、永く続けてほしい銭湯ですね。
suzukiyu2741.jpg



「鈴木湯」さん、いいお湯でした。
suzukiyu2742.jpg

PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2007/03/13

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/03/15(木) 11:00:00|
  2. 三重県四日市市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三重県四日市市住吉町  三たび、花街跡へ

近鉄を富田駅で下車し、またまた住吉の町へとやってきてしまいました…これで3回目です。我ながら、遊郭跡、古い町並み、風情の残るこの町がとても気に入ってますねえ。

で、住吉の花街についてですが、つい先日図書館で結構詳しい記述の資料を見つけました。
今回はそれを基にまとめることにします。

それまで富田一色の芸者置屋、料理屋、遊廓は町の中にあったのですが、風紀上問題となり、町から外れた1ケ所に集めることになりました。当時の富田警察署長がまとめ、1929(昭和4)~31(昭和6)年に掛けての埋め立て工事により誕生したのが住吉町の始まりとのこと。…なるほど、それで運河に三方を囲まれた特異な地形となっているんですね。
tomida2521.jpg



資料には、1945(昭和20)年頃の町の見取り図も掲載されていましたので、それを基に現在の町並みと比べてみましょう。料理旅館「中長」さん隣のこちらは、「志まや」さんという料理店。「中長」さん北側の角には、ネオンアーチがあったといいます。
sumiyoshi2522.jpg



こちらの屋号は「待月」さん。隣のタバコ屋さんも当時から営業されていたようです。
sumiyoshi2523.jpg



「待月」さん向かいのこちらは、「正木や」さんという料理店。裏には銭湯「住吉湯」さんという配置。
sumiyoshi2524.jpg



こちらは屋号が「朝田屋」さん。東側の現在駐車場となっている場所は、「鈴元」さんでした。
sumiyoshi2525.jpg



こちらの屋号は「一鈴」さん。西に向かい合って芸者置屋の「鈴の家」さん。
sumiyoshi2526.jpg



こちらの屋号は、「山月」さん。このブロックには、南東角に「雲月」さん、東側に「魚半」さんという料理店と「明月」さん、北側の現在駐車場の場所が「お多福」さん、西側に「竹の家」さん、「三福」さん、「清月」さんと並びます。こうして見ると、情緒のある屋号が多いですね。
sumiyoshi2527.jpg



この並びには、「松の家」さん、「春の家」さん、「新喜楽」さん、裏(西)側に「八千代庵」さん、「杵屋」さん、「喜多川」さん。南側に料理店「勢州楼」さん。「八千代庵」さん西に向かい合って「一力」さん。このブロック付近が最も賑わっていた感じですね。
sumiyoshi2528.jpg



こちらは屋号「山勢」さん、右の空地が「立花家」さん。西のブロックには、北西角から南へ「喜久の家」さん、「美きや」さん、「嘉の家」さんの3軒、住吉橋の袂から「静香」さん、「金華」さん、芸者置屋の「新月」さんと並んでいました。
sumiyoshi2529.jpg



現在公園となつているここは芸妓さんの取次ぎをしていた「検番」があった場所。北西角には屋号「菊住」さん。この他、北側のブロックには玉突の店や床屋さんなどもあったようです。
sumiyoshi2530.jpg

次回は住吉の東、天カ須賀へと歩きます。
PHOTO:RICOH GR-DIGITAL+GW-1 2006/09/24

テーマ:レトロを巡る旅 - ジャンル:旅行

  1. 2007/01/26(金) 23:50:00|
  2. 三重県四日市市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Nobu

カレンダー

Zorgにアップした写真を掲載しています

最近の記事

コメントありがとうございます

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

名古屋市中川区 (33)
名古屋市中村区 (31)
名古屋市港区 (24)
名古屋市中区 (30)
名古屋市瑞穂区 (11)
名古屋市熱田区 (13)
名古屋市北区 (22)
名古屋市西区 (20)
名古屋市千種区 (5)
名古屋市緑区 (2)
名古屋市昭和区 (13)
名古屋市名東区 (1)
名古屋市南区 (14)
名古屋市東区 (11)
愛知県一宮市 (33)
愛知県刈谷市 (1)
愛知県犬山市 (11)
愛知県清須市 (11)
愛知県津島市 (2)
愛知県江南市 (10)
愛知県瀬戸市 (10)
愛知県小牧市 (3)
愛知県豊橋市 (30)
愛知県西尾市 (8)
愛知県春日井市 (3)
愛知県半田市 (10)
愛知県田原市 (9)
愛知県海部郡蟹江町 (9)
愛知県常滑市 (22)
愛知県岡崎市 (7)
愛知県豊川市 (5)
愛知県蒲郡市 (26)
愛知県稲沢市 (9)
愛知県碧南市 (10)
愛知県豊田市 (1)
愛知県幡豆郡一色町 (10)
岐阜県岐阜市 (26)
岐阜県大垣市 (30)
岐阜県羽島郡笠松町 (16)
岐阜県多治見市 (13)
岐阜県美濃加茂市 (7)
岐阜県各務原市 (3)
三重県伊勢市 (13)
三重県鈴鹿市 (7)
三重県松阪市 (2)
三重県桑名市 (14)
三重県四日市市 (23)
三重県いなべ市 (6)
三重県亀山市 (1)
静岡県浜松市 (6)
静岡県熱海市 (17)
静岡県富士市 (11)
滋賀県大津市 (10)
神奈川県川崎市 (7)
奈良県大和郡山市 (14)
北海道札幌市 (1)
北海道小樽市 (6)
北海道余市郡余市町 (5)
その他 (19)
未分類 (2)
東京都 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

CssTagCloud

GR-DIGITAL  路地  写真  RICOH  銭湯  Ricoh  GW-1  V705  Kodak  名古屋  GR-D  GR  蒲郡  常滑  大垣  花街  熱海  愛知  豊橋  岐阜  一宮  名古屋市西区  富士  岳南  静岡  富田  大須  caplioGX  幡豆郡  四日市  一色町  遊郭跡  田原  滋賀  大津  大和郡山  犬山  商店街  碧南  半田  西濃鉄道  長等  三谷  温泉  大野  奈良県  川崎  置屋  阿下喜  奈良  福江  形原  赤坂  城東園  大和郡山市  衣浦  東岡町  gR-DIGITAL  GX  八幡園  三重県  団地  名古屋市  南町  小樽  北勢町  浜松  料理店  カフエー  玉の井  愛知県  尾頭橋  稲沢  余市  いなべ  木曽川町  円頓寺  旭日園  熱田  kodak  形原歓楽荘  遊廓  稲沢団地  那加  テラスハウス  ケロリン  江尾  桑名  遊郭  渥美  睦荘  三河線  四日市市  色街  ジャズ喫茶  鈴鹿  港区  アーケード  赤線跡  北海道  岡崎  運河  新明湯  御器所  昼飯  有楽町  花園  鶴舞  昭和区  廃線跡  飲み屋街  飲み屋  市電  奥町    原田  名駅  藤江  那古野  寿湯  松降  大黒湯  神宮小路  水上ビル  鈴鹿市  西浦  GR-DIGITAL  渥美線  青猫  ニッカ  各務原  大平湯  工場  小池  大野町  中村区  東田  リコー  ナディアパーク  北勢線  V705  705  美濃赤坂  コダック  昼飯線  比奈  レトロを求めて四日市市富田へ。多くの銭湯ほ見て、そ  宮前地下街と玉の湯跡  住吉温泉  瀬戸銀座  岡崎市の銭湯  中村映劇  瀬戸市末広のアーケード  くるわ湯  まねき湯  大門  大門横丁  大門小路  瀬戸の廃業間もない銭湯  岐阜県岐阜市加納水野町  黒川紀章  玉乃井湯  瀬戸市の赤線「陶華園」跡  妓楼  丸窓  豊川の芸妓置屋  豊川青春なつかし商店街  フルーツ牛乳  日本ライン  豊川の赤線跡  瀬戸の歓楽街「新開地」  住吉  祭り  銭湯の解体  初の湯  名古屋市美術館  豊川の赤線跡を探して  新開地から東へ歩く  赤線  瀬戸の古い町並み  メタボリズム  札幌  神明湯  caplio  伏見  北区  松阪  名鉄  カレー  御嶽温泉  グッドデザイン  三河一色駅  三重  名古屋市昭和区  名古屋市南区  オリオンサイダー  多治見市  レトロ  花岡浴場  パノラマカー  カフェー  サビサビ  「金津園」でレトロを探す  ミツカン  光輪湯  富士山  大阪万博  トタン  タイル絵  Zorg  名古屋市瑞穂区東栄  豊川の商店街  トイカメラ  「健康入浴日」の銭湯へ  カネニ  雁道  瑞穂区  清娯園  瀬戸  花岡  呼読  笠寺  煙突  町並み    ポーター  天然コケッコー  お盆  下之一色  名古屋市東区  有松  手力  ジャズ      名古屋市瑞穂区  もっきんぽっと  サッポロ街  玉ノ井  終着駅  奥の湯  名古屋市中区  ヴィッテル  豊田  線路  観月境  新地  泉等  GR  有楽  東海道  大曽根  路地裏  v705  稲永  小川町  神奈川  富士岡  ナローゲージ  吉原  デザインDO!  紺屋町  YURI  名古屋市中村区  昭和  大江  札木  やきもの散歩道  銭湯跡  富良野  北の国から  三井寺  中央  鈴木湯  常滑市大野町  神宮  神戸  屋根神さま  木造  幅下  天ヵ須賀  GR-Digital  小路  今池  名東区  夜城園  墨俣  松の湯  中川区  中川  名古屋港  中村  本吉原  名楽園  公団  ポイントハウス  港陽園  切戸  GW-1  札の辻  浜大津  屋台  亀山  桜湯  貨物線  日比野  熱田区  新道  

<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。